シンポジウム「休眠預金は奨学金ローン問題を解決できるか」

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

シンポジウム 「休眠預金は奨学金ローン問題を解決できるか」

 主催:全国NPOバンク連絡会 共催:草の根金融研究所「くさのーね」

 日時:2017年7月16日(日)15:00~17:00 (14:30開場)

 会場:レンタルプレイスなかぎん

    東京都中央区銀座8−16−10中銀本社ビル9階 会議室ローズ

   (最寄駅:新橋駅、汐留駅、築地市場駅、東銀座駅)

  お申込み: http://kokucheese.com/event/index/476081/

 _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

私たちの将来を託している若い人々の奨学金の返済が、今日、社会問題化しています。

 

1970年代半ば以降、授業料の値上げが繰り返されたことと、一般の家庭における収入が1990年代以降減少を続けていることから、大学に行くために今や、大学学部生(昼間)の約50%が何らかの奨学金を利用し、約3人に1人が日本学生支援機構等の奨学金を借りるまでになっています。

 

また、今日の雇用環境の変化により、非正規雇用等の不安定、低賃金労働の拡大等により、大学、大学院や専門学校を卒業して安定した収入を得ても、奨学金を返済することは大変厳しい環境になっていることから、社会問題化しており、政府などで各種対策を検討し始めています。 

 

昨年12月に成立した「休眠預金活用法」について、現在、関係諸機関では、この資金の活用方法についてのルール作りが進められています。バンク連では、この休眠預金の資金を活用して、奨学金返済の問題の解決方法について、議論を進めています。

 

未来の世代に住みよい社会と環境を残すために、若者への教育にかかる負の資産をどのように解決できるのか、奨学金の制度も理解しながら、皆さんと一緒に考えてみたいと思います。ふるってご参加ください。

 

【主 催】 全国NPOバンク連絡会

【日 時】 2017年7月16日(日)15:00 — 17:00(開場14:30)

【参加費】 1,000円

【会 場】  レンタルプレイスなかぎん 会議室ローズ

       東京都中央区銀座8−16−10中銀本社ビル9階 

【最寄駅】 JR各線・東京メトロ銀座線・都営浅草線 新橋駅 徒歩 約8分

      都営大江戸線・新交通ゆりかもめ 汐留駅 徒歩 約7分

      都営大江戸線 築地市場駅 徒歩 約8分

      東京メトロ日比谷線・都営浅草線 東銀座駅 徒歩 約8分

【プログラム】

14:30 開場

15:00~16:50 

シンポジウム 「休眠預金は奨学金ローン問題を解決できるか」

スピーカー:諏訪原 建氏(筑波大学大学院 在籍、元SEALDsメンバー)

ファシリテーター:田中 優(全国NPOバンク連絡会・未来バンク 理事長)

<お申込み>

7月15日(土)までに以下のサイトにアクセスし、必要事項をご記入ください。

http://kokucheese.com/event/index/476081/

 

 <お問い合わせ先>

 全国NPOバンク連絡会 事務局

 イノベーションオフィス銀座

 e-mail:npobank.event@gmail.com

 

シンポジウム20170716.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 87.6 KB