全国NPOバンク連絡会

2016年

7月

01日

正しく知ろう年金制度と年金運用のしくみ:2016/7/24(日)13:30 明治大学駿河台キャンパス

 

全国NPOバンク連絡会は、良いお金の使い方をすすめ、悪いお金の使い方を止める活動をしています。

3月にひきつづき、世界最大の投資家の一つであるGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の運用について知り、主権者として年金問題を考えます。

多くのご参加をおまちします。

 

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

「正しく知ろう、年金制度と年金運用のしくみ -

年金の基本の「き」~オーナー意識を持って考えてみよう~」

 

【主催】全国NPOバンク連絡会

【日時】2016年7月24日(日)13:30~16:30(13:00開場)

【参加費】1,000円

【申込】http://kokucheese.com/event/index/407837/(申込期日:7月22日(金))

 

【会場】明治大学駿河台キャンパス 研究棟 2階第9会議室(リバティタワー奥)

 

JR中央線・総武線、東京メトロ丸ノ内線/御茶ノ水駅 下車徒歩約3分

東京メトロ千代田線/新御茶ノ水駅 下車徒歩約5分

都営地下鉄三田線・新宿線、東京メトロ半蔵門線/神保町駅 下車徒歩約5分

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

私たちの年金を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が株式投資で5兆円も損したと、よく言われますが、本当でしょうか。

株価の変動の結果、計算上出てくる一時的な利益や損失に一喜一憂していてよいのでしょうか。

株式より国債の方が安全と思いがちですが、本当でしょうか。

預けたお金が何に使われるのかまで考えたとき、企業に投資する株式と、中央政府にお金を集める国債では、どちらが本当によいのでしょうか。

運用されている年金資金は、私達が出したお金であり、老後に受取る資金の一部です。

他人任せにしていて良い問題ではありません。

未来の世代に住みよい社会と環境を残すために、年金の積立金という貴重な資産をどう運用すべきなのか、年金という制度の基本から、じっくり考えてみたいと思います。

 

今回は、高崎経済大学の水口剛教授にやさしく解説いただき、その後のディスカッションの中で、私たちがこれからできることについて考えます。

 

ぜひふるってご参加ください。

 

 

【プログラム】

13:00 開場

13:30~14:00 主催者挨拶・問題意識の共有

(全国NPOバンク連絡 会理事長:田中優)

14:10~15:10 「正しく知ろう年金制度と年金運用のしくみ」

        講師:水口剛氏(高崎経済大学教授)

15:10~16:30  ディスカッション

16:40 閉会

 

 

 <お問い合わせ先>

 全国NPOバンク連絡会事務局(東京CPB内)

坪井眞里

 e-mail:community-fund@r2.dion.ne.jp

 TEL:03-3200-9270 FAX:03-3207-1945

 

*なお、引き続きバンク連では

10月2日(日)「タックスヘイブンの勉強会」を開催する予定です。

2016年

7月

01日

「NPOバンクの現況(2016年3月31日現在)」を更新

公開文書内の「NPOバンクの現況」を更新しました(2016年3月31日現在)。
全国のNPOバンクの詳細情報(融資額・融資対象・利率等)を記載した資料です。

2016年

6月

01日

もやいバンク福岡7周年記念イベント(吉原毅氏×田中優氏=6月5日)

「人をつなぐ、地域をはぐくむ“志金”の力~お金の流れを変えて、社会を変えよう~」

 

お金に振り回されるのではなく、社会のため、地域のため、私たち自身の幸せのために 「お金を活かす」にはどうしたらいいのでしょうか?

 

本当の“地方創生”とは何なのか。 一部の大企業のための経済(アベノミクス)ではない、“私たち市民のための経済”のあり方を一緒に考えてみましょう。

 

◎ゲスト:   吉原毅氏(城南信用金庫前理事長)

        田中優氏(未来バンク事業組合理事長)

 

◎コーディネーター: 鈴木浩行氏(自営(農業)、鈴木珈琲店主)

 

◎日 時:6月5日(日) 14時~16時30分

 

◎会 場:福岡市男女共同参画推進センター アミカス ホール

    ・福岡市南区高宮3-3-1

    ・西鉄天神大牟田線「高宮駅」西口すぐ

 

◎参加費:前売・予約1000円、当日1500円

 

◎予 約:こくちーず

 

◎担当:本河(moyai.bank@gmail.com、090-6426-0901)

 

2016年

3月

05日

全国NPOバンク連絡会勉強会「わたしたちの年金の行方~年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用について」(3/17・東京)


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

わたしたちの年金の行方
~年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用について
 学ぶ勉強会~

   主催:全国NPOバンク連絡会
   日時:2016年3月17日(木)19:00~20:45(18:30開場)
   会場:明治大学駿河台キャンパスリバティタワー15階 1154教室 
     (最寄駅:御茶ノ水駅、新御茶ノ水駅、神保町駅)
    申込みフォーム:https://ssl.form-mailer.jp/fms/dc6fd1c7420066
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


「GPIF」という組織について聞いたことはありますか?

日本語名称は「年金積立金管理運用独立行政法人」。
私たちの積み立てている国民年金・厚生年金の運用を
厚生労働省から委託されている組織です。
その運用額はなんと約135兆円。国民1人当たりで見れば100万円以上
の財産を運用していることになります。

さて、そのGPIFは2014年10月、運用方針を変更し、リスクの高い
外国債券や株式等への投資割合が拡大されました。
その結果、株式市場の動向によっては運用損失額が拡大する
等の問題点が指摘されています。最近では、安倍首相も
GPIFの運用損による年金支給額の減額の可能性に言及しました。

また、GPIFには被保険者である一般市民の声・意志を反映できる
仕組みがないことも問題視されています。

こうした中、今後の年金運用について不安を抱く市民
も増えてきているのではないでしょうか。

全国NPOバンク連絡会は「良いお金の流れをつくる」運動と
「納得できないお金の流れはとめる」運動の両方をすすめており、
今回、まず、GPIFの運用について学ぶ勉強会を開催することと
なりました。

今回の勉強会では、年金運用の問題点について詳しい有識者に
ご講演頂き、その後のディスカッションの中で、
私たちがこれからできることについて考えます。

ぜひふるってご参加ください。

【主催】全国NPOバンク連絡会
【協力】(特非)A SEED JAPAN

【日時】2016年3月17日(木)
        18:30 開場
        19:00 開始  20:45 終了

【参加費】1,000円
        
【会場】明治大学駿河台キャンパスリバティタワー15階 1154教室
JR中央線・総武線、東京メトロ丸ノ内線/御茶ノ水駅 下車徒歩約3分 
東京メトロ千代田線/新御茶ノ水駅 下車徒歩約5分
都営地下鉄三田線・新宿線、東京メトロ半蔵門線/神保町駅 下車徒歩約5分 

アクセスマップ
キャンパスマップ 

 
【プログラム(予定)】
全体コーディネータ:土谷和之(全国NPOバンク連絡会理事)

18:30 開場
19:00~19:20 主催者挨拶・問題意識の共有
(全国NPOバンク連絡会理事長:田中優)

19:20~20:00 講演「GPIFの運用問題点(仮)」 
講師:連合(日本労働組合総連合会) 生活福祉局
    局長 伊藤 彰久さん
20:00~20:45 質疑応答+ディスカッション
20:45 閉会

<お申込み>
3月16日(水)までに以下のサイトにアクセスし、必要事項をご記入ください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/dc6fd1c7420066

<お問い合わせ先>
全国NPOバンク連絡会事務局
(東京コミュニティパワーバンク代表) 
坪井眞里
e-mail:community-fund@r2.dion.ne.jp
TEL:03-3200-9270 FAX:03-3207-1945
--------------------------------------------------------

2016年

2月

23日

「市民の市民による市民のための金融」 ~ NPOバンク

ジャパン・フォー・サステナビリティ(JFS)のホームページにて、NPOバンクの活動を発信しています(日本語・英語)。

 

「市民の市民による市民のための金融」 ~ NPOバンク(日本語)

NPO Bank 'of the People, by the People, for the People'(英語)

 

2 コメント